足利 瞭

足利 瞭RYO ASHIKAGA

鉄道事業本部 鉄道営業部 お客さまサービス課

2014年入社 市場戦略学科卒

 

さまざまな仕事を経験できる
ジョブローテーション制が魅力

私の経歴

出身の宮城県から、大学進学のために上京し、大学では、経営学部でマーケティングの勉強をしていました。新京成電鉄を知ったのは、就職活動のとき。説明会で、「ジョブローテーション」について話があり、理想的な働き方だと感じました。

ジョブローテーションとは、3~5年で配属転換があり、さまざまな部署に異動しながら幅広い視野を身につけていく働き方です。私自身、入社当初は計画安全課(現在は計画管理課)に配属になり、駅の売上の管理や沿線の駅の利用者の人口調査などを行っていました。現在は2部署目、お客さまサービス課に所属しています。

私の経歴

仕事紹介

お客さまサービス課で、駅係員の教育・教習を行っています。また、お客さまの利便性の向上のため、民鉄各社と共同で実施しているICカードサービスを検討する会議の担当も任されています。各社に寄せられたお客さまからのご意見を参考に、サービスの改善を行ったり、全社共通のルールづくりを行ったりしています。

また、他社との連絡定期券の発売範囲拡大にも携わっています。定期券は、鉄道会社同士の契約によって定期券1枚で購入できる範囲が決まっています。過去の定期券の発売範囲拡大では、新京成電鉄と東京メトロ内の多くの区間が1枚の定期券で購入できるようになりました。2018年3月17日には、また新しく他社との連絡定期券の発売範囲の拡大を予定しています。

足利 瞭

1日のスケジュール

9:00
12:00
14:00
15:00
16:30
18:00
仕事で感じるやりがい

仕事で感じるやりがい

お客さまサービス課の仕事は、取り組んだ事業が形になることが、即お客さまの利便性向上につながるので、成果がわかりやすく、自身のモチベーションにつながります。

定期的に出席している民鉄各社が参加する会議では、他社の取り組みについて聞くこともでき、新京成電鉄でも実践できることはないかと考えられるので楽しいです。入社4年目で大きな会議に会社代表として参加できるところにも魅力を感じています。

若いうちから大きな仕事を任されるので、荷が重いと感じるときもありますが、やりがいの方が大きく、私の性格に合っています。

足利 瞭

今後の目標

まずは鉄道の知識を深め、将来的にはジョブローテーションで、イベントや広報の仕事などにも携わってみたいと思っています。

私のプライベート

体を動かすことがとても好きなので、時間を見つけて様々なスポーツにチャレンジしています。

同僚と旅行

同僚と旅行

友人とパターゴルフ

友人とパターゴルフ

足利 瞭

社会人になると、さまざまな業界の方と一緒に仕事をすることになります。新京成電鉄もいろいろな部署があります。そのときに、他業界の知識がまったくないよりは少しでもあったほうがいいと思います。就職活動を社会勉強だと捉え、いろいろな業界を見た上で新京成電鉄を選んでいただけたら嬉しいです。

人を知る

ページトップへ