総務人事部長メッセージ

総務人事部長メッセージ

総務人事部長 小島 太朗

当社は1946年に創立し、千葉県北西部地域の足として鉄道・バスの運輸業と不動産業を中心に事業を展開してきました。近年、日本全体で少子高齢化が進む中、鉄道業界では沿線価値のさらなる向上が必要不可欠となっています。

当社は2014年、「まいにち、ちょっと、新しい。」のブランドスローガンを掲げ、新たなスタートを切りました。2016年度からの中期経営計画では、駅設備のリニューアルやロングレール化、車両のニューカラー化の推進、住宅型老人ホームや保育施設を展開して沿線生活サービスの向上を図るなど、一歩一歩、沿線地域と企業ブランド力の向上を推進しているところです。また、当社はかねてより環境にやさしい鉄道を目指し、積極的に車両の省電力化を推進してきた会社です。1986年に世界初の長編成量産VVVFインバータ制御を採用、1998年には国内初の純電気ブレーキを採用、2016年からは、新技術のフルSiC適用VVVFインバータ装置を順次導入し、さらなる環境負荷の低減を進めています。そして、懸案でありました連続立体交差事業も、いよいよ集大成を迎える時期となってまいりました。今後の当社のさらなる発展へ向けて、社員があらゆる分野においてその職務を果たすべく、日夜業務に邁進しています。

路線距離26.5km、駅数24駅。決して大規模とはいえないまでも、そのすべてに自分の手を加え、想いを込められる。当社はそんな鉄道会社です。当社に入社していただければ、インフラ事業である鉄道会社が社会へ果たす役割の大きさがいかなるものか、きっと感じていただけるのではないかと思います。安全輸送の使命を全うし、地域の皆さまに変わらず愛され続けるため、「まいにち、ちょっと、新しい。」施策を実施していき、絶えず変革し続けていこうという意欲のある方々にお会いできるのを楽しみにしています。

ページトップへ