鉄道営業 鉄道営業

鉄道(事務系)の仕事は大きく分けて4つになります。1つ目は、運賃の設定や鉄道安全管理体制に関する対応など鉄道部門全体を統括する仕事。2つ目は、運行ダイヤの作成や運転に関する業務を管轄する仕事。3つ目は、駅設備や旅客営業に関する業務を管轄する仕事。4つ目は、沿線価値向上のため、旅客誘致に関するイベント企画やグッズ販売などを行う仕事です。当社のメイン事業として、安全・信頼性とお客さまサービスの向上を目指して業務を推進しています。

土木・建築 土木・建築

土木・建築分野では、駅舎・橋梁・法面・擁壁・盛土・ホームなど建物や土木に関する保守管理や維持更新などを行っています。バリアフリー化や耐震補強、法面や擁壁の改良など、様々な業務があります。その他、現在は連続立体交差事業における設計監理、工事施工管理、発注業務も行っています。

土木・建築 先輩紹介 interview

保線 保線

線路は列車の走行や自然の力によって常に影響を受けているため、適切に保守されないとレールに歪みや摩耗が生じて乗り心地が悪化し、列車の安全な運行に支障を来たしてしまいます。線路を正常な状態に保つために日夜、保守点検作業が行われています。保線分野では、その線路の保守管理や維持更新などを通して、鉄道輸送の根幹を支えています。

保線 先輩紹介 interview

電気 電気

鉄道で使用する電力は、列車を動かす運転用電力と駅の照明・動力や信号機・踏切警報機等に使用する付帯用電力とがあります。電力会社から電気を購入し、運転用電力と付帯用電力に変圧し、それぞれの設備に供給しています。その他にも通信設備や保安設備など、電気に関わるものすべての保守管理や維持更新を行っています。

電気 先輩紹介 interview

車両 車両

車両に関する業務を管轄し、車両の保守管理や維持更新などを行います。新車の導入からメンテナンス、さらには古くなった車両の廃棄まで総合的に携わります。安全性・快適性を高めるとともに省メンテナンス化及び省エネルギー化を図った車両の導入を推進しています。2014年度より、ベースの白色にVIカラーであるジェントルピンクを車体裾部に配した新塗装に順次変更しています。

車両 先輩紹介 interview

開発 開発

開発の仕事は大きく分けて2つになります。1つ目は、開発計画担当として賃貸用地土地建物・施設の利用計画を策定し、物件開発を行う仕事です。物件を開発した後も維持・更新などのメンテナンスを行います。2つ目は、用地・業務管理担当として分譲用・事業用の土地の売買や管理を行う仕事です。鉄道と並ぶ主要事業であり、新規収益源の確保とともに沿線価値の向上を目指しています。

開発 先輩紹介 interview

関連 関連

関連部門の主な部署としては、経営企画室、総務人事部、財務戦略部などがあります。直接事業には関わりがないものの、会社の経営計画を策定したり、社員の働く環境を整えたりと、その業務は多岐に亘ります。

関連 先輩紹介 interview
ページトップへ